menu

お客様の資産の価値最大化を図りつつ、売却案件に関する様々なサポート・コンサルティングを行うマグナスインベストメント株式会社

マンション経営のリスク

空室・家賃滞納が続く事が最大のリスク

購入したマンションが必ずしも、満室状態が続くという保証はありません。高すぎる家賃を設定していると集客率が下がりますので、適正な家賃設定で集客をする必要があります。

空室のリスクを下げるには好立地・好条件が一番リスクが低いです。

また、家賃滞納については滞納者との連絡のやり取りが遅い場合、滞納期間が延びていく一方ですので、管理会社の対応方法などをよく確認しましょう。

投資マンションには管理会社が必要不可欠です。投資マンションを購入の方のほとんどが本職ではないので、管理会社との連携が一番大事です。万が一、管理会社が倒産してしまった場合は、自身で管理をするか、新たな管理会社を探す必要が出てきます。

地震や火災・災害のリスク

投資マンションで物件を選ぶ際に耐震性に不安のない物件をことはとても重要です。

1981年に新耐震設計法が施行され、それ以降に建てられた物件は耐震性に優れています。東日本大震災でも新耐震機銃のマンションは倒壊しておりません。ワンルームマンションはファミリータイプのマンションに比べ柱の数が多いので、躯体の塊のようなものです。なので、耐震性には非常に高い構造となります。

このように現在の物件は非常に耐震性に優れています。地震保険に関しては、全損しても出る保険金額は少ないですが任意で加入ができます。

知識不足によるリスク

投資マンションは大きな金額で長期期間の投資ですので、安易な考えで購入してしまわないように、知識を身につけ、情報を収集することが大事です。なにもわからないままですと、悪徳な業者に詐欺的にだまされ、大きな損害となります。

知識を身につけるためには専門家の話を聞いたり、インターネット等で様々な情報を勉強し弊社へお気軽にご相談下さい。

不動産投資の失敗例

事例その1

不動産投資が初めてだったので、数千万円の新築物件ではなく、手頃な数百万円の中古物件を購入しました。経営を始めた数ヶ月は入居者も居ましたが、わずか数年頃から退去者が増え、入居者が0の状態になり、収入は全くありませんでした。その後、数名の入居があったのですが、夜逃げ・家賃滞納など、あらゆる事で悩まされました。

このような事例はこの業界では少なくありません。初めての購入は手頃な価格で…というオーナー様はたくさんいました。手頃な値段で始める場合、リスクも大きくなるので、空室・滞納に対する対応方法や、安心のある保証をオーナー様にご提案させて頂いております。

事例その2

ワンルームマンションタイプでの不動産投資を既に運用していて、ファミリーマンションタイプの不動産投資をした事がなかったので、挑戦してみたところ、ワンルームに比べファミリータイプは広さがあるので、高額なリフォーム代と時間がとても掛かりました。
また、購入してから気がついたのは、購入価格がワンルームの2・3倍はするのですが、家賃は2・3倍しないので、利回りを比較すると低くなります。
そのような点から、投資対象としては、向いてないのかなと思いました。

近年、未婚者の増加などから、ファミリータイプよりはシングル向けの物件の方が安定していると私達も思います。また、ファミリータイプの大変な所は一度空室状態が続くと次の入居者が中々決まらない事です。ですが、逆に考えると入居者の移転は中々出ないという事も言えます。この様な事が起きない対応としては、現在の暮らしの情報をしっかりチェックする事が重要です。

事例その3

しつこい電話勧誘で「話だけでも…」と言うことで不動産・マンション投資の話を聞き、私のようなサラリーマンでも簡単に管理ができるという話だったので、中古のワンルームマンションを購入しました。始めの頃は、担当の方のサポートもあり、ほぼ満室状態でしたが、徐々に退去者や家賃の滞納者が出てくると、管理会社と全く連絡がつかず、全ての管理・対応を私自身でする形になりました。仕事とプライベートの間の時間を全て使い、ほぼ休む時間がない状態でした。いかにパートナーがマンション経営で大事かどうかを思い知り、実際の経験で学びました。

近年ニュースなどで拝見された方もいると思いますが、詐欺的な物件紹介などが多々あります。このような失敗をしない為には、オーナー様自身でしかできないのですが、事前に紹介をしてきた会社の確認などが一番です。不動産投資は金額がとても安いとは言えない投資ですので、慎重な情報収集が必要です。