menu

お客様の資産の価値最大化を図りつつ、売却案件に関する様々なサポート・コンサルティングを行うマグナスインベストメント株式会社

マンション経営のメリット

1.資産形成・インフレ対策

小さな負担で大きな資産

マンションは一時的に金融機関の融資を受けて購入することができるため、一気に現金を準備する必要がなく、初期投資額が少なくても始めることができます。購入後はオーナー自身が家賃収入からローンを返済できるため、少ない資金で運用していけるという強みもあります。

不動産投資の最大の特長は、不動産が勝手に稼いでくれることです。賃貸物件を持てば、自動的にお金が入ってきます。もし、低金利ローンを利用して返済計画を組めるのなら、少ない負担で財産を築くことになります。

もし物価が上昇しても、家賃もアップし物価変動の影響を受けません。さらに不動産価値の上昇分が預貯金の目減り分をフォローしてくれます。

2.私的年金・個人年金

月々の安定した家賃収入でゆとりある老後

保険料の負担率アップや給付金の減額など、将来の年金制度は不安だらけです。「公的年金」の不確実性に不安を感じる現在、定期的な家賃収入は、退職後の心強い「私的年金」になります。

仮に公的年金が給付されたとしても、決してゆとりある老後生活は望めません。プラスαの収入を確保して老後生活を快適に過ごしましょう。

また、売却していただいた場合には一括での現金収入になり、老後の生活以外にもご自宅の住宅ローン繰り上げ返済などにも役に立ちます。

3.生命保険・遺族年金

万一の場合に資産としてご家族に残る大切なもの

住宅ローン契約時に加入する「団体信用生命保険」は、万が一の場合、住宅ローンが保険で支払われる仕組みとなっています。ご家族にローンが残らず、「遺族年金」としての役割を果たしてくれます。

将来の安心を考え、生命保険の観点からマンション経営を選択する方も多いです。

4.節税・ペイオフ対策

多様化する現代の資産運用

通常、給与取得者(サラリーマン等)は必要経費がないに等しい状況ですが、マンション経営から得られる家賃収入は不動産所得として扱われ、様々な必要経費を計上することができます。それらを確定申告することにより、所得税や住民税の還付を受けられます。また、マンションが建築されている場合は相続税も大幅に減税されます。

ペイオフへの対策は預金を複数の銀行に分けるという以外に、株や投資信託、不動産など預金以外の投資商品に資金を振り向けるという方法もあります。そのため不動産投資もペイオフ対策の一つとなり、有効な手段であることは間違いありません。